やればできる?!超絶技巧ネオクラシカルギター

夢が途絶えた元ネオクラシカルギタリストがギターで音楽を広めようとギター動画をTAB譜付きで解説してお勧め曲や美味しいフレーズ、指が驚くほど速く動かせるようになる練習法などを公開していきます♪メトロノームやテンポをキープできるリズムマシーンなどを用意して、自分の練習しやすいテンポでチャレンジしてみてください^^たまに曲を弾いたりリクエストにもお応えします♪

アルペジオ

必聴!ギターだからこそできるアルペジオ♪

今日は久しぶりにアルペジオを弾いてみました♪

ギターという楽器は開放弦を上手く利用することによって

ギター独特のアルペジオが弾ける・・・

とりあえずこちらを聴いてみてください♪

 

物凄いノイズが入っていますが^^;

今回はギターをアンプに繋がないで

ギターの生音をマイクで拾って撮影しました!

エレキギターの生音もギターのセッティングや

弾き方次第ではとても綺麗な音色を出すのだと

改めて実感しました!^^

こちらが譜面です↓

切ないアルペジオ

チューニングはいつもの通り一音下げなのですが♪

5弦と2弦と1弦は常に開放弦を弾いています!

最後に6弦の開放弦も使いますが、

コードチェンジの際に指を置くポジションは
 
3弦と4弦しか使っていませんので

ポジションさえ覚えてしまえば

すぐに弾けると思います♪

覚え方としては

4弦は最後のポジションまで

半音ずつ下がっていく進行になっています♪

基本的には同じ形のものが多いのですが

それでも開放弦を使うだけで

世界観が全く違う感じになります♪

クラシカルでいて、尚且つ切ないアルペジオでした♪

オルタネイトピッキングの練習にもなりますので^^

ぜひ、弾いてみてください♪

では今日も最後にラスカルをよろしくです^^ノシ

 
人気ブログランキングへ

アルペジオでオルタネイトピッキングを強化1

いきなりですがブログタイトルが変わりました事をお知らせいたします!

私はやはり音楽とギターが一番じゃないか!という事に気が付き

音楽とギター中心であと何かなブログにしていきたいとおもいます!

今後ともよろしくお願いします♪^^

では記事へ

今日は超絶技巧じゃない?!

とおもったあなた!

今回の練習は基本中の基本でありながら

ギターにおけるすべての奏法に繋がる重要な

それでいておろそかにしがちな・・・

オルタネイトピッキングの練習を記事にします!

まずはこちら↓
 

譜面はこちら↓

 アルペジオ1
チューニングはいつも通りの一音下げです♪

 九月の終わりをイメージして作ったアルペジオです^^

 曲の特徴としましては、

4弦の開放弦をコードチェンジしても常に弾く!

しかしながら、コードの流れもちゃんと有り

4弦の開放弦以外にも

できるだけ開放弦を使って

ギター独特のアルペジオと言った感じに仕上げてみました♪

弾くときのポイントは

音が途切れないように

最後まで音符をのばしてあげるということと

最後のDsus4のコードトーンを弾くときだけ

アルペジオのパターンが違い

7小節目の4拍目裏の1弦3フレットのG音をプリングして

8小節目の頭の音をピッキングせずに

1弦2フレットのF#の音を出してください♪

そうするとオルタネイトピッキングの醍醐味でもある

空ピッキングが入ります!^^b

なのでその次の2弦3フレットのDの音はアップピッキングで弾くことになります^^b

オルタネイトピッキングとは常に

ダウンピッキング→アップピッキングと交互に繰り返すという意味ではなく

譜面上で音符が表の拍はダウンピッキングで

裏の拍がアップピッキングになるという事なので注意です^^b

その点に注意して初めはゆっくりから弾いてみてください♪

では最後にブログランキングを見て行ってください^^ノシ

 
人気ブログランキングへ
プロフィール

ネオ

Twitter プロフィール
読者登録
LINE読者登録QRコード
♪人気の動画♪YouTubeで過去動画一覧が見れます♪
最新コメント